こんにちは 今和泉(いまいずみ) です(*‘∀‘)

 

今回は「音響熟成木材」と「幻の漆喰」を製造・販売されているカイケンコーポレーション㈱様のセミナーに参加してきました♪

 

 

大きな工場の敷地に入りまず目を惹くのが大きな倉庫が立ち並ぶ姿!!
そこには「音響熟成庫」と書かれています✨

 

そのすぐ傍を通ると微かにクラシック音楽らしき音が聴こえてきます(^^♪

 

疑っていた訳ではないのですが「本当にクラシック音楽を流してるんだぁ~(*‘∀‘)」っと、子どものような反応をするわたし(*ノωノ)

 

 

更に奥へと進むと高台があり数軒のモデルハウスが(*‘∀‘)

 

内装はもちろん、外装に至るまで全て音響熟成木材と幻の漆喰で出来ています✨

 

この日は土砂降りの雨で外装の写真を撮る事が出来なかったことが悔やまれます(/ω\)

 

 

住宅セミナー受講中の様子

 

 

カイケンコーポレーション㈱様は、現在建材として使われているほとんどの木材や壁紙等に含まれる化学物質(接着剤や塗料・防腐剤など)の危険性に警鐘を鳴らす活動と共に、脱化学物質建材を研究・開発されているそうです。

 

多くの方の記憶に残っているであろう『シックハウス症候群』

2003年:建築基準法の改正によりシックハウスの主な原因と言われている

ホルムアルデヒド対策及び、クロルピリホスの使用禁止が義務付けられました。

 

しかし、建材に含まれる上記の化学物質は氷山の一角に過ぎず、未だに数万種類といわれる化学物質が入っている建材が使用されているのが実情です。

 

この化学物質が発散するガスが人体に影響を及ぼし、昨今の多種多様なアレルギーが発症しています。

 

 

何故そんなに危険な物が認知されず、未だに流通しているのか。

 

その背景には多くの歴史と人が関わり絡み合っているため全てを取り去ることは不可能に近いと思います。

 

 

個人的な見解ですが、わたし達に出来ることは「取り去る」ではなく「取り入れる」だと思います。

 

大金を払ってようやく手に入れた夢のマイホームを

人や環境に悪いからと言って解体することなんてできません。

 

ただ。事実を知り新しい物を取り入れることは可能だと思います。

 

 

幸い現在はインターネットで簡単に情報を得ることができます。

 

これからの未来を担う子ども達の為に
ほんの僅かでも良いので実情を理解するために調べてみて頂きたいと切に願っています。

 

 

と。真面目なお話はここまで(*‘ω‘ *)

いざ待ちに待ったモデルハウス見学へ♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと沢山の写真を撮ったつもりだったのですが、
あまりにも夢中になりすぎてシャッターを切る事すら忘れていたようです(*_*;

 

今後、遊びの中からこの素材たちを使って家具などの製品作りも企画しておりますので首をなが~~~~くしてお待ちください(*´▽`*)

 

 

今回はここまで。

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ