こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

先日記事でご紹介したカーポートのコンクリート施工の続きです♪

重機操作初体験した例のアレです( *´艸`)

前回の記事はこちら

 

 

それでは早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

まずはコンクリートを流し込む前にワイヤーメッシュを全体に敷き、コンクリートの強度を上げるための前準備を施します。

 

このワイヤーメッシュ(鉄筋)を入れないとひび割れが発生したり、車などの重量物が乗ると最悪割れて陥没してしまう恐れもあるとか・・・(; ・`д・´)

 

しっかりとした準備をしてしばらく経った頃に到着!

キタッ!(≧▽≦)
コンクリートミキシャ~シャ~・・・ミキサーシャ(*’▽’)

 

一輪車2台体制でコンクリートを運んでいきます♪♪

 

何杯運んだでしょうか・・・?

 

作業中はとにかく夢中で運んでいたので分からなかったのですが、終わって一息付いた頃背中に痛みが(*_*;

 

普段使わない筋肉がフル稼働だったようです(*ノωノ)

 

 

ここで左官さんのプロの技が炸裂(゚д゚)!

金網メッシュが板のようになっている道具で全体をペタッペタッと…

 

デコボコしていたコンクリートを均して

 

クイックルワイパーの大型版のような道具でさらに均す

 

さらに大きなコテなどを使いながら何度も撫でていくうちに…

ツルツル。ツヤツヤΣ( ゚Д゚)

 

この日はあいにくの雨模様だったため、ブルーシートで直接雨が当たらないように養生して終了。

 

 

翌日。
別の現場を午前中に済ませ、午後に改めて様子を見に行ったところしっかり乾いていました(*´▽`*)

 

すご~く滑らかできれい・・・・・・ん?

真ん中あたりに・・・・汚れ?

 

近付いてみると・・・・・

ニャ~(=^・^=)

 

お約束のようにパトロール隊が調査済の痕跡を残していかれました(´・ω・`)

 

 

そんなハプニングもありつつ最後に一面に水を撒いてコンクリート施工が終了(*´▽`*)

仕上がり後に水を撒くことを「散水養生(さんすいようじょう)」と言うそうです。

 

コンクリートは急激に乾燥するとひび割れを起こしやすくなるため、時間を掛けて硬化させる為にわざと水を撒いて湿らせることで養生するのだそう。

 

知らないだけでコンクリート施工も手間が掛かるものなんですね(‘Д’)

 

 

プロの技も間近で見学出来て大満足の現場からは以上です( *´艸`)

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ