リフォーム最終章『外構工事』

こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

前回廊下の床板を貼り終え室内のリフォームが終了しましたので最後の大仕事『外構工事』に着手します(*’▽’)

 

前回の記事はこちら

 

それでは 早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

駐車場や裏庭の整地は業者さんにお願いしていたので草木は綺麗サッパリ撤去されておりましたが、敷地の境界にある柿の木が1本だけ取り残された状態に。。

業者さんにユンボをお借りして根っこから掘り起こします。

デカッ!!Σ(‘Д’)

 

整地が終わったところでコンクリート打設の下準備に入ります。

 

まずは一部破損していたコンクリートブロックを取り除き新しく設置

ブロックの穴は全てモルタルで埋めて水が溜まったり草が浸食してこないように対策

 

万が一コンクリートにヒビが入った際に全体に亀裂が走らないように分ける目的で木枠を配置しワイヤーメッシュを並べて下準備は完了(‘◇’)ゞ

 

翌日。

コンクリートミキサー車が登場と同時にわたしの出番が(;・∀・)

 

ミキサー車をギリギリまで近付けてもらいますがそこからは人力!

ネコの出番ですねっ(=^・^=)

 

この日一体何十往復したでしょうか・・・。

ミキサー車の運転手の方に心配されながら。

翌日以降の筋肉痛の恐怖と闘いながら。。

寒空の下汗だくになりながら。。。

 

コンクリート運搬に夢中になっていると気付けば綺麗に均してもらっていました(≧▽≦)

 

1週間ほど乾燥期間を置いて第2回戦!

 

ここから更に1週間乾燥させたら木枠を外して隙間に砂利を敷き詰めます

これにて外構工事及び、リフォーム工事完了であります(‘◇’)ゞ

 

独り作業も多い現場で焦ったり、
独りで悲鳴を上げたり、
思い通りに事が進み満足してみたりと、とても楽しい現場でございました(*‘∀‘)

 

施主さんとも毎朝お会いして短い時間でしたがお話する機会もあり、家がどんどん綺麗になっていく姿に喜んで頂けていたことを肌で感じる事も出来る貴重な体験だったと思います。

 

大変な事も多々ありましたが、完成を見ると全てが吹っ飛んで嬉しさや喜びに化ける仕事っていいですね(^^♪

 

 

さて。次はどんな楽しい現場が待っているのやらワクワクしながらその出会いを待ちたいと思います♪

 

 

今回のリフォーム記事を纏めましたので気になる方はこちらからどうぞ(=゚ω゚)ノ

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ