こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

前回の書斎カウンターに続き

キッチンの流し台も手作りとのことで
【世界にひとつだけのキッチン】を製作することになりました( *´艸`)

 

前回の記事はこちら

 

 

棟梁お手製のイメージ図

 

「ほほぉ~。こんな感じになるのかぁ~。じゃぁ。どこ手伝えばいいですか?」

なんて呑気に構えているわたしに

強烈なストレートを放つ棟梁の一言「よろしく(^_-)-☆」

 

ふぁっ!?(´゚д゚`)

 

コレ。わたしが作る担当になっていたようです(◎_◎;)

 

驚いた拍子に「はい!」と元気よく返事したもんだから後戻りは出来ません(;´∀`)

 

 

と。いう事で 早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

 

まずは流し台を据える箇所の養生を剥がして場所を確保します。

 

次に約3mの天板にシンクを据える長方形の穴を開けます

 

天板の加工が終わったら脚を4個製作

 

脚が完成したら天板を乗せて固定

 

わたしが脚を作っている間に火元に近い壁にキッチンパネルが取り付けられていました(*‘∀‘)

 

グラつきが無いように補強を入れながらイメージ図に近付けていきます

 

土台の組み上げが終わりシンクを嵌め込んでみましょう♪

ばっちり(*‘∀‘)b

 

作業中に傷が付かないようにしっかりと養生して土台の完成(∩´∀`)∩

 

 

さて。ここで今一度イメージ図に戻ってみましょう。

引き出しが6個も付いてるΣ(゚Д゚)

 

イメージ図に頑張って近付けましょう!!

 

引き出し1個目

しっかり納まることを確認したら取っ手を付けて完成(∩´∀`)∩

 

2個目!!

 

3個目!!!

 

4個目!!!!

 

5個目と6個目は一気に!!!!!

 

世界にひとつだけのキッチン完成(∩´∀`)∩

 

製作日数4日

 

引き出し1列を作るのに丸1日以上掛かっています(;´・ω・)

 

ちょうど完成した直後に施主さんがお越しになられてお披露目となりました(*‘∀‘)

 

1枚1枚表情の異なる浮造りの板が良い雰囲気を醸し出しており、とても喜んで頂けたことに安心と嬉しさもひとしおです(*’ω’*)

 

が、、、

日数が掛かり過ぎたこと。

終盤に引き出しが上手く嵌らずギブアップ寸前だったところを棟梁にフォローして頂いたこと。

しっかり採寸したにも関わらず若干ズレが生じてしまったこと。

 

わたしの中での満足度は6~7割くらいでしょうか。

悔しさというよりも技術の足りなさ・未熟さを痛感しました(/_;)

 

今現在わたしの持てる技術の全てを使って出来上がった物で勿論手抜きは一切ありません!

 

自身の技術力のレベルを再認識して、改めてもっともっと技術を高めたい!と感じる日となりました(´・ω・`)

 

 

訓練のためにも。

皆様からの新築・リフォーム・製作依頼いつでもお待ちしております(*´з`)

 

 

今回はここまで。

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ