和室の漆喰施工

こんにちは今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

久しぶりに楽しい楽しい幻の漆喰施工に行って参りました(^^♪

 

今回は和室の壁を聚楽壁(じゅらくへき)という伝統的な土壁(砂壁)から漆喰壁へと生まれ変わらせます♪

 

それでは 早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

先ず最初は例のごとく養生作業から

柱や襖もマスカーでしっかりと覆い

仏壇の中もしっかりと養生

動かせない家具にはブルーシートを被せて準備完了(‘◇’)ゞ

 

下地調整剤の粉と水をダマにならないようにしっかりと攪拌して壁に塗っていきます。

黄緑色だった聚楽壁(じゅらくへき)が見えなくなるようしっかりと隅々まで塗っていきます

乾いて水分が抜けてくるとモルタルのような見た目に・・・

普段はここに幻の漆喰を乗せていくのですが、、

アクで黄ばみが出てこないように更に別の下地調整剤を塗布します!

 

1日かけてしっかりと乾燥させたらいよいよ漆喰の登場( *´艸`)

今回は本職の左官さん2人にも加勢頂き合計4人で一気に仕上げます(*’ω’*)

 

記念の一塗り目♪

 

 

あまりにもスピードが速すぎてどんどん仕上がっていきます。
左官さんに「変わってあげるよ(*‘ω‘ *)」と、優しい戦力外通告を受け途中からはサポート役に徹しておりました(´・ω・`)

 

なんと3部屋あった和室の壁が半日(約4時間)で完成Σ( ゚Д゚)

 

Before:

 

After:

 

そして。今回の目玉は・・・こちら!!

天井に取り付けられたプロジェクターが向いている先には・・・

床の間♪

 

他の壁はいつものようにパターン(模様)を付けているのですが、この床の間だけは左官さんにお願いして平面に近い仕上がりにして頂きました。

これでスクリーン無しでも直接壁にプロジェクターを映す事が出来ます(*‘ω‘ *)

これだけ綺麗であれば問題なく映し出せそうですね( *´艸`)

流石プロの技☆

 

 

最後に全ての養生を剥がして施工完了(‘◇’)ゞ

 

 

漆喰の施工は準備から大変な作業の連続ですがこれがまた楽しいんです♪♪

回数をこなす程徐々にではありますがスピードも腕も上がってきております!?

 

また次はいつ漆喰を触れるのでしょうか。

その日までイメージトレーニングに励みたいと思います(´艸`*)

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ