こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

新築現場の基礎がようやく完成しましたので、今回は床を支える土台を組んでいきます。

 

前回の記事はこちら

 

この日は朝から木材が搬入されました(*‘∀‘)

 

通常基礎の上に最初に乗る木材「土台」は防腐・防虫を目的とした注入材が使用されます。

 

ホームセンターなどで外に陳列されている若干緑がかった木材を目にしたことはないでしょうか?

 

あれが薬品をたっぷり染み込ませた注入材です。

 

しかし!!今回はこだわりの新築(*‘ω‘ *)

ご覧の通り薬品等は一切使われておらず、防虫効果の高いヒノキが使われております♪♪

 

もちろん「音響熟成木材」

 

現地でボルトを通す為の穴を空けるのですがヒノキの良い香りが辺り一帯に( *´艸`)

 

この「土台」と、床を支える「大引」を決められた所定の位置に収めていきます。

 

全ての土台が組み終わったらもうひと手間。

 

「土台」は全て基礎の上に乗っているので問題ありませんが

「大引」は宙に浮いている状態。

このままでは歪んでしまうので鋼製束(こうせいづか)を等間隔にいれて調整していきます。

鋼製束を木材に固定したら突っ張って高さの調整。

 

木材に糸を当ててみると微妙に木材が下がっていて隙間が見えますね

鋼製束で大引を少し上げて真っすぐになるように・・・

はい!オッケー(´_ゝ`)b

 

これでようやく土台の完成(∩´∀`)∩

 

 

この日、足場も組まれていよいよ工事現場の匂いがぷんぷんしてきました(*’▽’)

 

次の工程は建方(たてかた)。棟上げ(むねあげ)ですね( *´艸`)

 

 

建方は膝が笑うくらい大変な作業ですが、それでもやっぱり家の形が姿を現す瞬間は楽しみで仕方ありません(*‘∀‘)

 

 

樹木の撤去に始まり、整地・床掘り・配筋・生コン打ち・・・。

全ての作業が初体験で想像以上に疲れる事も多々ありましたが、毎日本当に楽しませてもらっています(*´ω`*)

 

 

完成はまだまだ先の話ですが、もっと沢山の経験ができる事を今からワクワクしています(≧▽≦)

 

 

さて。次回はいよいよ建方の現場からお伝えしますので是非お楽しみにっ!

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ

 

 

 

おまけ:

現場からの帰り道。衝撃的な看板を発見!

R270指定Σ(‘Д’)

270歳未満入店禁止・・・・?

 

あと230年ほど頑張ればわたしも入店出来るかな?

ランチ800円で何が出てくるんだろ??

・・・流動食?

 

なんて妄想しながら車を走らせること約2分

現実に引き戻されましたとさ(´・ω・`)