壁下地作りと土間打ち

こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

前回窓もキレイに納まりましたので今回はすっぽんぽんな壁に防水シートを貼って下地作りを行います!

 

前回の記事はこちら

 

それでは 早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

着手前のすっぽんぽんな壁

 

この外壁に防水シートを隙間なく貼っていきます

戸袋の中にもしっかりと♪

 

この防水シートの上からサイディング(外壁材)を貼るための下地である胴縁(どうぶち)を等間隔に固定して完成(∩´∀`)∩

 

室内から見るとこんな具合に( *´艸`)

 

続いて床下の土間打ち(どまうち)作業を。

当初は床下は土のままとなる予定でしたが、湿気などによる家屋へのダメージを軽減させるために急遽コンクリート打設を行う運びとなりました。

 

先ずは土台や大引きの上に一輪車の通り道を作ります。

と言ってもただ木材を並べるだけなんですけどね(;・∀・)

 

生コン屋さんが忙しいらしく今回はミキサー車の予約が取れなかったため、水を混ぜる前の状態のコンクリート(空練り)を4tトラックで現場に運んで来て床下へ敷き詰めていきます。

空練りのコンクリートに水を撒きながら均し作業

土間打ち完了しましたっ(”◇”)ゞ

 

数日乾燥期間を置いたら床下地を作っていきたいと思います(*‘ω‘ *)

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ