壁下地作り

こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

前回までに天井と床が完成しましたので次は壁に漆喰を塗るべく、先ずは下地作りから(*´▽`*)

 

前回の記事はこちら

 

 

それでは 早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

今回壁下地として使うのは約2m×1mの石膏ボード

 

専用の両面テープとボンドを付けたらカットした石膏ボードをペタッと。

 

ただ黙々とペタッ。ペタッ。ペタッと。

 

気付けば最後のコーナーに(´艸`*)

これにて完成(∩´∀`)∩

 

 

いやぁ~。疲れたぁ~~(;´・ω・)

っと。周りを見渡すと・・・ゴミだらけΣ(゜-゜)

 

軽く掃除を終わらせたら廻縁(まわりぶち)と巾木(はばき)を取り付けていきます。

 

どちらも見切板(みきりいた)と呼ばれるもので、仕上がりを綺麗に見せる為や、隙間を埋めるために用いられる建材です。

 

じゃぁ。何が違うの??

 

廻縁(まわりぶち)は【壁と天井】の接合部に付ける見切板

 

巾木(はばき)は【壁と】の接合部に付ける見切板

 

使う箇所で全く異なる名称(;・∀・)

頭がパンクしそうであります(;’∀’)

 

こんな具合に隙間や接合部が丸見えの部分も

 

廻縁と巾木ですっきり(*’▽’)

 

 

 

最後に窓枠の額縁(がくぶち)が劣化していた部分を取り換えます!

年季が入って良い色合いではありますが、、、

一部欠けている部分があったので取り換えます。

額縁を外してスカスカの図

 

採寸・加工した木材を嵌め込んで

ビスで固定したら完成(∩´∀`)∩

 

 

さぁ!漆喰戦の開幕!!!

っと。言いたいところですが漆喰を塗るまでにはあと1工程ありますので、そのお話はまた次回に(^_-)-☆

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ