床の間&神棚製作を任された件Vol.2

こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

前回に引き続き床の間&神棚製作の様子をお伝えいたします(*‘ω‘ *)

 

前回の記事はこちら

 

それでは 早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

前回床板を貼り終えたので漆喰壁の下地となる石膏ボードを貼っていきます。

上部には小壁や落とし掛け(おとしがけ)があるので細かく採寸してピッタリ合うように加工

側面の壁が終わったら奥側の壁にも

床の間と神棚の間の壁にも

最後に小壁と全面の柱も隙間なく石膏ボードを貼って完了(”◇”)ゞ

 

いよいよ完成間近のもうひと作業

神棚の受け台を製作・設置します。

 

石膏ボードを貼った状態での寸法をきっちり測ったら木材を加工します。

受け台が部屋に飛び出る形になるので危なくないように角を落とします。

スライド丸鋸(まるのこ)が大活躍( *´艸`)

材料が揃ったら組んで枠を作ります

水平器を使いながら傾きが出ないよう慎重に取付け

枠が完成したら浮造りの床材を利用して棚板を貼っていきます。

夢中になっていたら出来上がってしまいました・・・(;´Д`)

裏面も見える部分はしっかりとカバー♪

 

横から見ると枠やビスが見えているので材料を加工して目隠しを

しっかりとヤスリ掛けをして受け台の完成(∩´∀`)∩

 

受け台の下は収納となり扉を付ける予定なので建具枠を組んで全ての作業が終了となりました(*’▽’)

 

楽しい楽しい大型の木工作も終わり大満足でした(*´з`)

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ