建具(たてぐ)の取り付け

こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

前回で外装はほぼ完成の状態となりましたので今回は内装の建具(たてぐ)を取り付けていきたいと思います( *´艸`)

 

前回の記事はこちら

 

それでは 早速 Let’s 作業開始٩( ”ω” )و

 

建具(たてぐ)とは・・・

部屋の仕切りや外部との仕切りに用いられる開閉可能な扉(戸)の総称。

ほぼ建築業界だけで使われる言葉のようで、わたしも最初に聞いた時は頭の中が「???」でした(;´・ω・)

 

簡単に言えば、各スペースを区切る扉・引き戸・襖・障子や、外と家屋を区切る窓・玄関も「建具」になります♪♪

 

っということで、各部屋を区切る引き戸建具を取り付けましょう(*‘∀‘)

 

今回の新築の引き戸は全て吊り戸になっています♪

なのでまずはガイドレールを取り付けます。

このレールを溝に嵌め込んで

音響熟成木材で作られた戸を吊り下げて完成(^^♪

 

パントリーの扉は中折れ戸

部屋中に漂う木の香りがグレードアップしました(*´▽`*)

 

内装は各業者さんに器具を取り付けてもらった後、養生を剥がしてクリーニングを掛ければ終了です(*’ω’*)

 

さて。この勢いのまま外構にもちょこっと手を出しちゃいましょう(^^♪

 

 

おや・・・?誰かきたゾ・・・・!?

 

 

 

デデン・デン・デ・デン!Σ(゜д゚`)

 

 

 

 

デデン・デン・デ・デン!!

ここで基礎工事の時以来の【ユンボ】再登場(∩´∀`)∩

 

 

家屋の周りや庭に草の根がびっしり生えているので整地作業から。

行ったり来たり・・・

デコボコしている部分は削ったり埋めたり・・・

 

夢中になっている間に終わってしまいました(´・ω・`)ショボーン

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ去っていきます。

 

次回は左官屋さん、水道屋さんのプロの技をお送りしたいと思います( *´艸`)

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ