こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

この度。新築現場に携わらせて頂くことになりました(*’▽’)

 

何もない平地に新たな一軒家が建つその過程を最初から最後まで見届けられるなんてワクワクが止まりません(^^♪

 

という事で、無事地鎮祭も終わりまずは樹木の撤去作業から開始です٩( ”ω” )و

 

お隣さんとの境界近くにある大木の撤去から。

この樹木。
イヌマキは鹿児島県ではヒトツバと呼ばれ親しまれています。
家の生垣や防風林にもよく使われており、神社やお寺には樹齢数百年の巨木も多いとか。

 

それほど強い樹木のため、
今後もどんどん成長しブロック塀を押し倒して事故やトラブルとなってしまう恐れもあるので、今回を機に撤去という運びになりました。

 

枝1本1本に別れと感謝を述べながら丁寧に落としていきます。

 

切り落とした枝葉は2tトラック1台分Σ( ゚Д゚)

 

次は幹をある程度の高さからチェンソーで切り倒します。

 

切り倒した幹や枝は全て廃棄処分とのことでしたので、我が家の薪ストーブの燃料として半分ほど頂きました(*´ω`*)

折角なので有効活用しないとですね♪

 

お次は残った幹を根っこから掘り出していきます!

そこで登場するのは。。

当日誌で2回目の登場となります。ユンボ!(≧▽≦)

 

木の周りをじゃんじゃん掘っていきましょう♪

気付けば掘った穴も140センチほどに到達(‘Д’)

これでもまだ倒れません💦

 

その後、穴の深さも150センチを超えた頃、ようやく土の中から全体が姿を現しました。

 

最後に危なくないよう穴を埋め戻し、樹木の撤去作業は終了です(^^♪

 

まさかここまで悪戦苦闘するとは💦

この作業だけでほぼ1日近くの時間を取られ、
その後予定していた整地作業は翌日持ち越しに(;^ω^)

 

2回目ともなればユンボの操作も少しずつ上達しているようで、

壁ギリギリの土を掘り起こす作業もあまり時間を掛けずに出来るように☆☆

 

 

目指せ!ユンボマスター(‘◇’)ゞ

 

今回はここまで。

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ