こんにちは 今和泉(いまいずみ)です(*‘∀‘)

 

 

今年の梅雨は雨量が多く期間も長いようですね(‘Д’)

鹿児島は例年より20日も早く梅雨入りを迎えたわけですがニュースなどを見ていると、どうやら梅雨明けは例年と変わらない予報になっているとか・・・(-_-メ)

 

 

そんな中、雨漏りが多発しているようで屋根瓦の補修工事に行ってまいりました(*’▽’)ゝ

 

 

屋根に登ると早速・・・

ぴったりとくっついていないといけない瓦がズレて飛び出してますね💦

 

飛び出した瓦を直しつつ、本題の雨漏りのする箇所へ。

完全にズレている瓦や破損した瓦などは見当たらず、見た目ではわかりません。

 

しかし!付近の瓦を取り除いてみると!?

あれまっ!!

瓦の下が一帯湿っています(; ・`д・´)

 

普段の弱い雨だと分からなかったようですが、この作業前の数日間は土砂降りの雨が続いていたので瓦の隙間から入り込んだ大量の雨が染み込んでしまったのでしょうね。。

 

 

まずは木材(瓦桟(かわらざん))を撤去し、鹿児島特有の「桜島の灰」を綺麗に取り除きます。

 

掃除が終わったら防水シート(ルーフィング)を隙間なく敷きつめていきます。

 

 

この日は久しぶりの快晴☀

足場は斜め。上からの直射日光と、瓦からの照り返し(*_*;

干物の気持ちが分かったような、、、分からないような(/ω\)

 

 

干物の気持ちはさておき。

ルーフィングを敷いたら瓦止めの役割を果たす瓦桟を固定します。

 

瓦を元の位置に戻し、コーキングを塗って作業完了٩( ”ω” )و

 

 

これで雨漏りを気にせず雨の音を楽しめるお家になりましたとさ(*´▽`*)

 

 

まだ夏にもなっていませんが、半日くらいの作業でハァハァ(*´Д`)言ってるなんて先が思いやられますね。。

 

 

しょ、、精進します(/ω\)

 

 

今回はここまで。

 

 

それでは また(=゚ω゚)ノシ