芯のある家

音響熟成木材

  • HOME »
  • 音響熟成木材

音響熟成木材の特徴

宮崎県の「飫肥(おび)杉」を「音響熟成」させた、「生きている木材」です。

飫肥杉の特徴

  1. 樹脂を多く含んでいるので水切れがよく、腐れにくい性質です。
  2. 弾力性があるので曲げ強度に優れており、耐久性があります。
  3. 杉特有の防虫効果、通気性、防湿性などがあります。
  4. 芯材(木材の赤身の部分)はシロアリに侵されにくいです。

 

音響熟成木材って?

木造住宅で大事なのは「乾燥」。
その乾燥方法も色々あります。木材にとって最も良い乾燥方法は「自然乾燥」ですが、乾燥にとても時間がかかリ、「機械乾燥」は熱風やスチームなどの高熱を利用して乾燥させますので、木本来の機能が失われてしまいます。そこで、乾燥の時間と木の本来の機能を考えて、38度に保たれた常温熟成庫で木材にクラシック音楽のバッハを聴かせてじっくり熟成乾燥させたものが音響熟成木材です。常温で熟成乾燥させた音響熟成木材は、木の持つ水分やエキスが失われていないので、木材本来の油分やエキスが残り、保湿作用、保水作用、防菌作用を持ち合わせた、時間とともに美しいツヤも出てくる自然の力を維持した木材です。

 

音響熟成木材のメリット

1.油分が多く含まれているため、木本来の美しさと、色つやの変化を楽しむことができます。
2.保水性が高いため、梅雨の湿気の多い時期に保水し、冬の乾燥した時期に水分の発散を行いますので、風邪やインフルエンザの予防に役立ちます。
3.調湿性能が優れていますので、結露防止や防カビ対策に役立ちます。
4.保温性に優れ、体感温度が人肌に近いので、1年中素足の生活が楽しめます。
5.抗菌作用が優れています。

音響熟成木材から生まれた「手作り家具」

響熟成木材をふんだんに使用した健康家具。音響熟成木材の5大特徴が
1.常温で音響熟成するので、木材の細胞が破壊されずに生き生きしている。
2.保水性が高く、乾燥時に水分の発散を行います。
3.調湿作用がよくなり、結露防止や防カビ対策に役立ち、木材強度が増す。
4.保湿性にに優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめる。
5.油分が多く含まれているため、見た目も美しい。
生かされたまま作られているため、木のぬくもりをそのまま感じることができます。また、フローリングと同様、うづくり加工を施すことで、独特の質感や感触を楽しむことができます。時間の経過と共に味わい深い色へと表情を変えてくれます。

 

うづくりの床とは

「音響熟成木材」にうづくりの加工を施して作ったうづくりの床。うづくりとは、木材の表面を何度もこすることで、年輪の凸凹を際立たせる加工のことです。また、うづくりの床の年輪の凸凹が、足裏へ心地よい刺激をあたえてくれます。だから素足で歩くと気持ちいい、うづくりの床だから、思わず裸足になりたくなる。思わずごろ~んと寝転びたくなる心地よさです。木の香り、木の温もり、木の肌ざわりの心地よさを実感できます。

 

うづくりの床のメリット

    1.足裏への刺激が、肩こりや腰痛などの予防に役立ちます。
    2.光を吸収してくれるので、目にやさしく映ります。
    3.湿度を調節してくれるので、風邪の予防に役立ちます。
    4.冬は暖かく、夏はひんやりと素足での生活が楽しめます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 099-210-7279

PAGETOP
Copyright © 建築工房・芯司 All Rights Reserved.