芯のある家

天然の空気清浄機ともいわれる幻の漆喰

  • HOME »
  • 天然の空気清浄機ともいわれる幻の漆喰

幻の漆喰とは?

幻の漆喰は、、化学物質に対する吸着力が非常に高い「焼成カルシウム」と「麻のスサ」や「海草」を煮込んで作った糊を、 無菌水で混ぜ合わせて作られた完全天然素材で、安全な壁材です。光が当たる場所だけでなく暗がりでも温度と反応を起こし、臭いや化学物質を吸着・分解することができる『光熱触媒』が働き、 半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保つことが可能です。
また、漆喰には湿気が多い時には吸湿、乾燥時には放湿するという調湿機能があり、二酸化炭素を吸収しながら固まる素材であるため、施工後に水分が乾燥してから、長い年月をかけて硬化してゆきます。

 

光熱触媒とは?

光熱触媒とは、「自身は反応の前後で変化しないが、光を吸収することで反応を促進するもの」。例えば、光が当たると「幻の漆喰」は触媒として働き、空気中のゴミや有害物質を吸着・分解します。この現象により、光が当たることで半永久的にクリーンな生活空間を保つことができます。又、+3℃以上の室温にも反応し、同様の効果が得られます。

 

幻の漆喰の吸着・分解力

幻の漆喰は化学物質を吸着し、分解します。
他の漆喰と大きく違う点は、その分解能力が備わっているかどうかです。
光もしくは熱を吸収することにより、反応が促進され、吸い込んだ化学物質や表面に付着した汚れや手垢などを分解してくれます。(光熱触媒と呼んでいます。)その結果、室内の空気環境が常にクリーンに保たれます。

 

幻の漆喰のメリット

      1.室内の空気を半永久的にクリーンに保つ「

天然の空気清浄機

    2.ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着・分解します。
    3.光熱触媒により、壁の汚れ(化学物質の汚れ)を分解し、いつまでもキレイを維持します。
    4.マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散することが、副交感神経を刺激し気分をリラックスさせてくれます。

 

幻の漆喰の特徴

幻の漆喰に関しては普段のお掃除は特に必要ありません。それどころか、半永久的に掃除の必要ありません。手垢や食品のシミなども、徐々に分解してしてくれます。分解が追いつかないほどの汚れがつくとシミが残ってしまいます。特にボールペンや油性マジック、墨汁や泥などはなかなか消えませんのでご注意ください。
歳月を重ねるほどに風格を増すし、愛着がうまれてきます。
幻の漆喰「そとかべ」は、自然素材が持つ力をいかして作られているため、歳月とともに穏やかな風格が出てきます。 朝夕で、四季で、多彩な表情を見せる自然素材ならではの魅力を、歳月とともにお愉しみください。住まいは、できてからが「始まり」です。そこに住まわれるご家族の日々が、やがてかけがえのない思い出となってゆくように、幻の漆喰「そとかべ」を用いた住まいも、年を経るごとに愛着がはぐくまれてゆきます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 099-210-7279

PAGETOP
Copyright © 建築工房・芯司 All Rights Reserved.